市販甘酒レビュー56:会津天宝醸造の米麹甘酒『伝統会津あまざけ』

商品レビュー

会津天宝醸造の甘酒を飲んだ感想

1872年(明治4年)創業の福島県にある味噌屋『会津天宝醸造』の米麹甘酒です。

香りは麹の香りがほんのりとし、風味はやんわりと米麹の香りがする。甘味はかなり薄く、すっきりしており、後味は残らない。旨味も控えめな為、するりと飲める感じがします。酸味はほとんど感じません。粒々感はしっかりありますが、柔らかく噛むと甘さと旨さが滲み、液とのバランスも良いので飲み易く、美味しいです。この甘酒はかなり薄めなのですが、風味、味共にバランスが良く、口当たりも好ましいので美味しい甘酒だと思います。ただし、味は薄いので、本当に薄めの甘酒が好みの方向けの甘酒です。

裏書の一口メモに、お米を糀で発酵させてつくる甘酒は、江戸時代から親しまれていたこと。そしてブドウ糖やアミノ酸が麹の力によって生成された栄養成分で、エネルギーの吸収効率が良いことが説明されています。

 

評価:10段階評価

総合評価 7 (かなり薄めではあるが、風味、味と要所要所でしっかりと主張しており、口当たりも良い商品でお勧めです。ただ、本当に薄めのあまざけが好みの方向けかと思います。)

 

香り 7 (ほんのり麹の香りがし、風味も同じ感じです)

甘味 5 (甘さはかなり控えめだがのどにつかえず飲みやすい)

旨味 5 (旨味は薄めですが、それでも甘味と風味を引き立てています)

酸味 1 (酸味はほぼ感じません)

飲み易さ 7 (粒々はしっかりあるが、口の中で柔らかくすり潰せ、甘味と旨味をその時に堪能出来て美味しく、味も雑味がないため飲み易い)

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:会津天宝醸造株式会社

福島県会津若松市大町1丁目1-24

URL:http://www.aizu-tenpo.co.jp/aboutus.html

 

量と価格

350g 税抜 328円(0.94円/g)

 

原材料

米こうじ、米

 

栄養成分表示

100g当たり エネルギー 90kcal、タンパク質 1.4g、脂質 0.2g、炭水化物 20.6g、ナトリウム 3mg、ショ糖 0g


コメントを残す