市販甘酒レビュー53:川添酢造の米麹甘酒『甘酒』

商品レビュー

川添酢造の甘酒を飲んだ感想

1900年(明治33年)創業の長崎県にあるお酢屋『川添酢造』の米麹甘酒です。

長崎県の西海ミカンで有名な西海市の雪浦海水浴場の近くにお店があります。

香りは、麹の香りがとてもよく立っており、風味も華やかさを感じる。甘さもとても甘く口の中に優しく広がります。旨味も強く甘さとのバランスがとても良いです。粒々感はとてもある商品で、完全に食べるというイメージです。

全体を考えると、火入れは強く行っていない気がしますが、賞味期限が2カ月設けてある為、しっかり殺菌されているはずです。酵素や香りを火入れによって壊していない、生あまざけの様な性質の香りと味わいを楽しめる上質な甘酒だと思いますのでお勧めです!

 

評価:10段階評価

総合評価 10 (麹の香しい香りと風味がとても良い。そして甘さと旨さのバランスも良いです。味や風味に変な癖はなく、すっと美味しく飲める商品です)

 

香り 10 (麹の香りがとてもよく、風味も華やかです。口の中にいい香りでいっぱいになり、とても満足感があります)

甘味 8 (すごく甘く、口の中に柔らかく広がる感じがします)

旨味 8 (程よい旨味です。柔らかい感じですが、甘さとのバランスが良く美味しいと感じます)

酸味 1 (酸味は全く感じませんが、味の奥深さの要因の一つとして起因しているかもしれません)

飲み易さ 5 (粒々感が強く飲むというよりは食べる感覚を覚える甘酒です。ただし口触りが良いのでとても美味しく味わえます)

 

販売コーナー

◆1本・500g/本・税抜450円/本

企業HP:http://kawazoesuya.shop-pro.jp/?pid=54692585

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:川添酢造有限会社

長崎県西海市大瀬戸町雪浦下郷1308-2

URL:http://kawazoesuya-web.com/

 

量と価格

500 g 税抜 500円(1.00円/g)

 

原材料

もち米(佐賀)、米こうじ(九州)

 

栄養成分表示

記載無し


コメントを残す