市販甘酒レビュー36:福光屋の乳酸発酵させた米麹甘酒『ANP71』

商品レビュー

福光屋の甘酒を飲んだ感想

1625年(寛永2年)創業の石川県にある酒蔵『福光屋』の乳酸菌発酵させた米麹甘酒です。

乳酸菌を使った商品の区分で言えば乳酸菌飲料。乳製品ではない新手の乳酸菌飲料シリーズとして、甘酒の乳酸菌飲料も増えてきましたね!

味は、甘さはしっかりしていて、酸味はやや強め、旨味もあり美味しい仕上がりとなっています。麹の香り、乳酸発酵による香りが割りと強いです!飲みやすく米粒はしっかり濾されています。乳酸発酵をさせた甘酒の中でも結構酸味が強くさっぱりしている印象です。

ここで使われている乳酸菌は、石川県の伝統発酵食品から採った植物性乳酸菌で『ANP71:Lactobacillus plantrum ANP7-1株』だそうです。

乳酸発酵甘酒として一度飲んでみるのをお勧めします!

こちらの蔵では他に普通の米麹甘酒『酒蔵仕込みの純米糀甘酒』も作っていますので是非見てみてください。

 

評価:5段階評価

総合評価 4.6

香り4.5(麴や乳酸菌独特の香りが良い)

甘さ4.5(酸味とのバランスが良く美味しい)

旨味4.5(口の中に広がるコクが程よい)

飲み易さ5.0 (しっかり漉してあり粒はない)

 

販売コーナー

◆1本・150g/本・税抜300円/本

商品情報

甘酒メーカー

製造:株式会社福光屋

石川県金沢市石引2-8-3

URL:http://www.fukumitsuya.co.jp/

 

量と価格

150g 税抜300円(2.0円/g)

 

原材料

米、米麹

 

栄養成分表示

100g当たり エネルギー 83kcal、タンパク質 1.1g、脂質 0.1g、炭水化物 19.5g、食塩相当量 0.01g


コメントを残す