市販甘酒レビュー30:八海醸造の全麹仕込みの米麹甘酒『麹だけでつくったあまさけ』

商品レビュー

八海醸造の甘酒を飲んだ感想

1922年(大正11年)創業の日本酒『八海山』という銘柄が有名な新潟県の酒蔵『八海醸造』の全麹仕込みの米麹甘酒です。

精米歩合60%とあり、かなりお米を削ってあります。

香りはほんのりと優しく麹の香りがし、風味も変わりない感じがします。甘さはとてもストレートな甘さで、口の中に癖なく優しく広がり、後味はさっぱりめです。旨味も程よくありますが、甘さのストレートさを引き立たせるものです。この甘さがストレートで、旨味が支えている感じは精米歩合60%であることに起因しています。ただ、ここまで削っている割には旨味が強いのが特徴的です。酸味は全く感じません。粒々感は完全に微細に砕かれ、粗く漉してあり喉越し滑らかです。手造り甘酒が上手くいくとここまで甘くなりますが、市販品でここまでの甘さで提供してくれる所は少数です。ラベルデザインがカッコよくて好きです。白地に黒文字と柄が映えますね。

飲み方の中で、牛乳、豆乳、野菜ジュースで割ったり、あまざけを凍らせてシャーベットにしたりすることをお勧めされていますが、この甘酒であれば美味しくいただけると思います。牛乳や豆乳と割る時は、甘酒を5~6に牛乳や豆乳を4~5くらいで混ぜると良いと思います。

この甘酒はスーパーの棚でもよく見かけますので、手軽に買えて、人にお勧めできる優良品の一つです!

※乳酸発酵甘酒『乳酸発酵の麹あまさけ』もありますのでご参照ください。

 

評価:10段階評価

総合評価 10 (癖という癖を脱ぎ去ったような、香りと味の甘酒です)

 

香り 9 (香りは薄っすらと優しく麹の香りがし、風味は甘い香りと麹の香りが優しくします)

甘味 9 (甘味はモキュッとするほどの甘さで、とてもストレートで、後味もすっきりです。何かと割って飲んでも美味しくいただけます)

旨味 8 (甘さを引き立てる旨味でバランスがよいが、すごく洗練されていて真っすぐな旨味で雑味を感じません)

酸味 1 (酸味は全く感じません)

飲み易さ 10 (完全に微細に砕かれ、粗く漉してあり滑らかな口当たりで飲みやすい)

 

販売コーナー

◆1本・825g/本・税抜800円/本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【無添加 甘酒】麹だけでつくったあまさけ 825g
価格:864円(税込、送料別) (2017/8/27時点)

◆20本入り・410g/本・税抜440円/本

商品情報

甘酒メーカー

製造:八海醸造(株)

製造所:新潟県南魚沼市宮2294-3

URL:http://www.hakkaisan.co.jp/

 

量と価格

118g 税抜190円(1.61円/g)

410g 税抜440円(1.07円/g)

 

原材料

米麹(国産米)※精米歩合60%

 

栄養成分表示

100g当たり 熱量 105kcal、タンパク質 1.3g、脂質 0.1g、炭水化物 24.8g、食塩相当量 0.0g

 

更新情報

・170908:5段階評価を10段階評価に改変し、レビューも加筆修正致しました。



Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kurobooo/xn--l8j4ao3n.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kurobooo/xn--l8j4ao3n.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kurobooo/xn--l8j4ao3n.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す