市販甘酒レビュー100:白鶴酒造の米麹と酒粕の甘酒『麹由来のさわやかな酸味冷やしあまざけ』

商品レビュー

白鶴酒造の甘酒を飲んだ感想

1743年(寛保3年)創業の酒蔵『白鶴酒造』の米麹と酒粕のハイブリッド甘酒のです。

糖度は15.7%あります。酒粕を使用した甘酒なので、裏書きに『アルコール分1%未満』と表記があり、0%ではないことがわかります。

酒粕の香りは結構あり、風味にも強く感じ、そこそこ酒の芳香を鼻と頭で感じるような気がします。甘味は程よく強く、酸味が程よく効いた甘味で、果実ジュースを飲んでいる感じに近いかもしれません。

旨味はやや控えめ?!いや、酸味と甘み、そしてさっぱりとした水っぽさが先行している為かそう感じました。そしてほんのりと苦味を感じる。

粒々感はほぼありませんが、たまに少々大きめの米粒があります。さっぱりしていて飲み易いと思います。

この甘酒は、酒粕の香りがほど良く、酸味が効いておりとてもあっさりとした飲み口の一品で、濃厚な甘酒が苦手な方にお勧めの一品です!

 

評価:10段階評価

総合評価 8 (酒粕の香りはしっかりし、甘さは酸味と相まって果汁の様なイメージの一品です)

 

香り 8 (香りは酒粕の香りがし、風味はやや酸臭と酒粕の香りがします)

甘味 8 (甘味は線が細くストレートな甘さで、口の中にふわりとじーんと来る甘さです)

旨味 7 (旨味はありますが、やや控えめな感じがします、酸味による味への影響の方が大きいイメージです)

酸味 3 (仄かに酸味があり、あっさりとした飲み心地です)

飲み易さ 8 (粒々感はほぼなく漉してある感じで、飲み易いです)

 

商品情報

甘酒メーカー

販売:白鶴酒造株式会社

兵庫県神戸市東灘区住吉南町四丁目五番五号

URL:http://www.hakutsuru.co.jp/

 

量と価格

190g 税抜 130円(0.68円/g)

 

原材料

砂糖、米こうじ、酒粕、蜂蜜

 

栄養成分表示

100g当り 熱量 71kcal、タンパク1.0g、脂質 0.3g、炭水化物 15.5g、ナトリウ0~20mg


コメントを残す