市販甘酒レビュー84:喜多屋の米麹甘酒『あま酒』

商品レビュー

喜多屋の甘酒を飲んだ感想

1818~1831年間(江戸時代末期の文政年間)創業の福岡県にある酒蔵『喜多屋』の米麹甘酒です。

矢部川伏流水仕込との記載があります。

香りはほんのりと米麹の香りがし、風味は薄っすらと玄米や新しい畳の香りに近しいものを感じるが、まっすぐな香りでとても好ましい。甘味はストレートに強く甘く、後味もさっぱりしていますが、美味しさの余韻が残ります。旨味も強く、口の中に味と香りをじんわりと広がります。酸味はあまりない気がします。粒々感は、粗く砕かれており、液とのバランスも含めて飲み易いです。香りや味とのバランスも良く、味も強いので美味しい一本です!

 

評価:10段階評価

総合評価 9 (味や香り共によく、液のバランスも飲み易く、オーソドックスなんですが美味しい甘酒ですでお勧めです!風味に玄米や新しい畳に似たものを感じ特徴的です)

 

香り 8 (香りはほんのりと麹の香りがし、風味に玄米に近いものを柔らかく感じます)

甘味 9 (甘味はとても強く、しっかり口の中に広がり、味わい深いのですが、後味は意外とさっぱりしている気がします)

旨味 8 (強くしっかりとした旨味があり、口の中にじんわりと来る響きを感じますが、後味に残りすぎず良いです)

酸味 2 (酸味はあまりない気がしますが、味わい深い飲み心地です)

飲み易さ 8 (粒々感は粗く砕かれており、バランスの良い液質です。香り、味共に強く味わい深くとても飲み易いです)

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:株式会社喜多屋

福岡県八女市本町374

URL:http://www.kitaya.co.jp/

 

量と価格

790g 税抜 646円(0.82円/g)

 

原材料

米(国産)、米麹(国産米)

 

栄養成分表示

100g当り エネルギー 129kcal、たんぱく質 2.1g、脂質 0.2g、炭水化物 29.7g、食塩相当量 0.005g


コメントを残す