市販甘酒レビュー77:丸昌稲垣の米麹甘酒『民芸あまざけ』

商品レビュー

丸昌稲垣の甘酒を飲んだ感想

1925年(大正14年)創業の長野県にある味噌屋『丸昌稲垣』の米麹甘酒です。

麹の風味はほんのりと感じ、風味はカラメル香が優っている。甘味は普通だが塩味が効いている為程よい感じです。旨味もやんわりと、じんわりと口の中に広がる感じです。酸味はあまり感じません。塩味がそこそこしっかり、加えられているのか、塩飴や塩キャラメルに似たじんわりとした後味を感じます。粒々感は粗く砕かれており、液とのバランスもいいです。塩味によって甘さとコクは強調されておりその様な後味もあるけど、飲み易くまとまっていると思いました。

 

評価:10段階評価

総合評価 6 (香りは麹の香り、風味は強めにカラメル香がし、味は塩味によって引き立てられているよくある感じの普通の甘酒)

香り 6 (香りは麹の香りがし、風味は塩とカラメル香が強い)

甘味 7 (程よい甘さではあるが、塩味によって引き立てられている感じが強い)

旨味 7 (塩味によってコクが引き立てられており、まったりとした口当たりです)

飲み易さ 7 (粒々は粗く砕かれており、液とのバランスは良いです。香りは風味にカラメル香、味は塩味によって強調されており、飲み易い感じです)

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:丸昌稲垣株式会社

長野県飯田市上郷黒田2720

URL:http://www.marusyow.co.jp/

 

量と価格

180g 税抜 214円(1.19円/g)

 

原材料

白米、米こうじ、食塩

 

栄養成分表示

100g当たり エネルギー 82kcal、タンパク質 1.5g、脂質 0.1g、炭水化物 18.7g、ナトリウム 48mg


コメントを残す