市販甘酒レビュー63:富士甚醤油の米麹甘酒『甘酒』

商品レビュー

富士甚醤油の甘酒を飲んだ感想

1883年(明治16年)創業の大分県にある醤油屋『富士甚醤油』の米麹甘酒です。

香りは薄っすらと米麹とカラメル臭がし、風味も同じ感じです。甘味は程よく甘くじんわりと広がり後味が若干残る感じです。旨味も強く甘さを引き立てています。酸味はあまり感じません。粒々感は粗く砕いてあり、液とのバランスも良く飲みやすいです。

香りも味も程よく美味しい甘酒ですのでお勧めです!

 

評価:10段階評価

総合評価 7 (香りが若干弱いか、または後味の粉っぽさが気になる以外は、味もよく美味しい飲みやすい甘酒です)

 

香り 7 (薄っすらと麹とカラメルの香りを感じ、風味はほのかに甘っぽいものを感じます)

甘味 7 (甘味は程よい具合ですが、後味がすっきりめです)

旨味 8 (旨味は強く、甘さの余韻を強く感じさせます)

酸味 1 (酸味はほとんど感じません)

飲み易さ 7 (粒々感は、粗く粉砕してあります。少々、粉っぽい後味を感じますが、味、香り共に悪くはありません)

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:富士甚醤油株式会社

大分県臼杵市大字臼杵551-2

URL:http://www.fujijin.co.jp/

 

量と価格

500g 税抜 498円(1.20円/g)

※ml表記をgに変えています。

 

原材料

米糀、米(原材料は国産米100%)

 

栄養成分表示

100g当たり エネルギー 121kcal、タンパク質 1.8g、脂質 0.2g、糖質 28.0g、ナトリウム 2.1mg、ビタミンB₂ 0.02mg、カルシウム 4.3mg

必須アミノ酸 リジン 61mg、フェニルアラニン 88mg、ロイシン 134mg、イソロイシン 67mg、メチオニン 40mg、バリン 100mg、スレオニン 62mg、トリプトファン 23mg、ヒスチジン 41mg

※ml表記をgに換えています。

※自社計算値


コメントを残す