甘酒を飲む時間・量・効果

米麹ベースの甘酒なら朝、酒粕ベースの甘酒なら夜がいいのではないでしょうか。米麹ベースの甘酒は、グルコースが主体であり、脳のエネルギー源となります。酒粕ベースはアルコールを若干含んでいるので体を暖める効果的があります。

それで、甘酒は飲む点滴といわれて言うほど、非常に健康や美容に効果的だといわれています。

甘酒の歴史も古く、昔から健康(滋養強壮)のために飲まれてきました。【甘酒の歴史の詳細についてはこちら】

効果について具体的に大きく3つの効果が期待できます。

・美肌効果【詳細はこちら】

・疲労回復【詳細はこちら】

・ダイエット【詳細はこちら】

 

詳細については、ここでは割愛しますので気になるかたは、詳細ページを参照してください。簡単に説明すると甘酒に含まれるビタミンB1・B2・B6・葉酸・食物繊維・オリゴ糖・グルタミン・アミノ酸が美肌効果や疲労回復、ダイエット効果をもたらしてくれます。

しかし、即効性があるわけではないので、毎日少しずつ飲んだほうがいいのは確かです。カロリーはご飯を食べるのと変わらない※1ので、一度に大量に飲むのではなく、少しずつ飲んだほうがいいです。

※1 甘酒に比べ、ご飯の方が含まれる水分量の差から炭水化物量が多い為、同量食べた場合のカロリーは高くなります。水分量を同じにした場合、カロリーにほとんど差がないということです。

日本人は元々白米が非常に体に合うようになっていますので、量はそれ程気にしなくてもいいのですが、一気に飲むと血糖値が上がるので注意してください。


コメントを残す