甘酒と御飯のカロリーの比較~栄養学的に見てみよう!~

最近、巷では甘酒がダイエットに良い、美容や健康にいいなんて言われていますが、実際はどうなのでしょうか?
今回は、このことを考えるべく栄養学的な側面からまずは甘酒とお粥(御飯)の差を見ていこうと思います。

お粥(御飯)と甘酒はどちらがカロリーが高いのか?

お粥と甘酒のカロリーの違い2御飯(炊飯米)と甘酒のカロリーどちらが高いのか気になるかと思います。しかし、ここで単純に御飯(炊飯米)を比較するとあまりにも水分量に差がある為、比較になりません。

そこで、まず『七訂食品成分表』に記載のある市販甘酒の項目の水分量79.7gを基準に、御飯の水分量を増やして、お粥として記載しました。

つまり、甘酒と御飯の水分量を同じにすることで、残った固形分の差を比較していこうという事です。

 

お粥と市販甘酒の比較

甘さの素である炭水化物量とカロリーに着目し、双方を比較すると、

・お粥が炭水化物量18.83gでエネルギーが85.3kcal
・市販甘酒が炭水化物量18.30gでエネルギーが81kcal

となります。なんと!甘くないお粥と甘い甘酒なのに、カロリーにはあまり差がない事が分かります。

 

市販甘酒と米麹甘酒(米麹から換算)の比較

次に市販甘酒が、家で米麹を使って造る甘酒と差があるのか確認しようと思います。
先程と同じく、両者の炭水化物量とカロリーに着目し、比較を行うと、

・市販甘酒が炭水化物量18.30gでエネルギーが81kcal
・米麹甘酒が炭水化物量17.90gでエネルギーが86.7kcal

となり、市販甘酒の項目と、米麹甘酒(米麹から換算)にも大きな差がないことが分かります。

つまり、米麹甘酒とお粥にカロリーの差はないということになります。

 

御飯よりも甘酒の方がカロリーが低い理由

では、最後に御飯よりも甘酒の方がカロリーが低いと言われている理由に迫ります。

表には記載されていませんが、普通に食べている御飯100gの炭水化物量とカロリーは、36.1gと168.0kcalです。今回、表に記載したお粥のデータはこの御飯のデータの水分量を調整して計算しています。

つまり、甘酒よりも御飯の方がカロリーが高い理由は、単純に御飯の方が水分量が少ないからという理由になります。御飯も水を足してお粥にしてしまえば、甘酒と差がありません!

御飯の代わりに同量の甘酒一杯だけにするとカロリーが控えめと言われている訳は、甘酒の方が水分量が多い為、御飯よりもカロリーが低いという話なのです。

ここでは、詳しくは書きませんでしたが、炭水化物量とカロリーに差がないお粥と甘酒の甘さの差については『甘い甘酒と甘くないお粥(ご飯)のカロリーに差はない~なぜ甘酒は甘く感じるのか~』にて詳しく説明しております!

 

【参考文献】

日本食品成分表2015年版(七訂)本表編/2016年2月15日第1版第1刷発行/医歯薬出版編


コメントを残す