市販甘酒レビュー18:菊水酒造の雑穀を用いた米麹甘酒『十六穀でつくった麹あま酒』

商品レビュー

菊水酒造の甘酒を飲んだ感想

1881年(明治14年)創業の日本酒の銘柄『菊水』で有名な新潟県にある酒蔵『菊水酒造』の米麹甘酒です。

視覚的にとても色鮮やかで綺麗なのが第一印象で、赤飯や炊き込みご飯の様に色彩を楽しむこともできます。

香りは麹の香りをほのかに感じ、飲み終えた後に、風味に豆類特有の様な青臭さを若干感じる。甘味は強くなく、さっぱりしているが、コクはある。雑穀の粒が結構ゴロゴロしている食感。

16種類の穀物で造られている為、健康志向の方にも受け入れやすく、また美味しくもあり、価格も手頃なので良いかもしれない。

裏書に牛乳や豆乳と合わせてとあるが、そうするには味が薄い為、このまま美味しくいただくのがベストだと思う。

 

評価:5段階評価

総合評価 4.0

香り 4.0 (柔らかい香り、強すぎない為、麹臭さが苦手な方も美味しくいただけるのでは)

甘さ 4.0 (もう少し甘さがあっても良いかもしれない、豆乳などと割るには薄いのでオススメしない)

旨味 4.0 (旨味は、飲み初めにパッと感じる感じ、さっぱりしている)

飲み易さ 4.0 (所々、雑穀の粒が大きく感じるが、これもまた個性と考えると好ましくていい、喉越しよく飲みやすい)

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:菊水酒造株式会社

新潟県新発田市島潟750

URL:http://www.kikusui-sake.com/home/jp/

 

量と価格

520g 税抜 620円(1.19円/g)

 

原材料

米こうじ、大麦、もち黒米、もちきび、とうもろこし、もちあわ、黒大豆、小豆、もち赤米、発芽玄米、もち白米、たかきび、うるちひえ、アマランサス、キヌア、黒ごま、白ごま

 

栄養成分表示

100 g当り エネルギー 98 kcal、タンパク質 1.6 g、脂質 0.5 g、炭水化物 22.0 g、食塩相当量 0.0 g


コメントを残す