市販甘酒レビュー153:黄桜の米麹甘酒『黄桜甘酒』

商品レビュー

黄桜の甘酒を飲んだ感想

1925年(大正14年)創業の京都府にある酒蔵『黄桜』の米麹甘酒です。

香りはほんのりと酸臭を帯びた乳酸菌飲料の様な清涼感のある香気がし、風味も乳酸菌飲料を彷彿させる香りがします。甘味は程よく甘く、コクはややあるけど、清涼感のある甘味が優しく口の中に広がり、後味は非常にさっぱりしています。旨味はしっかりありますが、雑味はない為、さっぱり感があり、甘味にコクを与えています。酸味はほんのりとあり、乳酸菌飲料の様な香りに寄与し、また味をさっぱりと清涼感のあるものへとしています。粒々感は完全に微細に砕かれ、漉されている為にありませんが、香り味共にバランスが取れていて美味しく飲み易いです。甘酒というよりは乳酸菌飲料と言われた方が納得する味わいですが、これはこれで美味しいです。

普通の米麹甘酒とはやや一線を画す味わいであり、またコンビニエンスストアのローソンにおいてあるという米麹甘酒というジャンルの中でも数少ない立ち位置にいると思います。

 

評価:10段階評価

総合評価 8 (乳酸菌飲料に近い味わいの甘酒で、香り、味わい共にバランスが良く飲み易い商品です)

 

香り 8 (ほんのりと乳酸菌飲料に似た香りのいい酸臭があり、風味も同じ感じです)

甘味 7 (甘味は強過ぎず程よく、清涼感とコクのある甘味優しく口に広がり、後味は非常にさっぱりです)

旨味 7 (旨味はありますが、雑味のないほのかなコクのある旨味です)

酸味 3 (酸味はほんのりとあり、これが乳酸菌飲料みたいな味わいに寄与しています)

飲み易さ 8 (粒々感は微細に砕かれ完全に漉されており、口に当たる感覚はない。しかし、香り、味共にバランスが良く飲み易い)

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:黄桜株式会社

京都府京都市伏見区横大路下三栖(しもみす)梶原町53

URL:http://www.kizakura.co.jp/

 

量と価格

170g 税抜 183円(1.08円/g)

 

原材料

米(国産)、米麹(国産米)

 

栄養成分表示

100g当り エネルギー 83kcal、タンパク質 1.1g、脂質 0.2g、糖質 19.1g、食塩相当量 0.0g、アルコール 0%、ショ糖 0g


コメントを残す