市販甘酒レビュー109:丸石醸造の米麹甘酒『魅惑のあま酒』

商品レビュー

丸石醸造の甘酒を飲んだ感想

1690年(元禄3年)創業の愛知県にある酒蔵『丸石醸造』の全麹仕込みの米麹甘酒です。

ラベルに酸味は天然のクエン酸によるものとあるので、使用している麹は白麹なのでしょうか。

麹の香りをほのかに、そしてやんわりと酸臭がします。風味はリンゴの様な果実香に近しく、酸臭も優しく合わせた麹の香りを感じます。甘味は程よく強く、口の中に清涼感のある甘さが広がり、喉にジーンとした余韻を与え、後味はほんのり残ります。旨味は強くてとても幅のあるコクを演出しており、その味は旬のリンゴに似たコクです。酸味はややある感じでそこまでは強くありませんが香り、甘さ、旨さを相互に引き立てており非常に美味しい味わいへと仕上げております。粒々感はあるが、粗めに砕けた米粒を舌ですり潰すと旨味と酸味が出てきて非常に美味しく、香り、甘味のバランス共によく飲み易い商品です。

この甘酒はまるで、瓶に詰められた美味しいリンゴジュースの様な香りと味といっても過言ではない味わいの甘酒で、白麹使用とは明記されていませんがクエン酸の酸味が楽しめる甘酒の中で大変お勧めです!

 

評価:10段階評価

総合評価 10 (粒々がなく綺麗に澄んだ状態にしたら、甘酒と言われない限りリンゴジュースかと思ってしまう優しいほのかな香りと味の甘酒、これは非常に美味しい甘酒ですのでお勧めします!)

 

香り 10 (香りは麹の香りがし、風味はまるでリンゴジュースの様なほのかな香りで、そのあとほのかに麹の香りがする)

甘味 8 (甘味は、旬のリンゴを食べているような甘さの質で、酸味をほのかに感じるコクのある甘味が口の中に広がり、余韻をやや残す)

旨味 8 (旨味もあり、コクのあるまろやかな旨味が、香りと味を引き立てている)

酸味 4 (酸味は程よく、強過ぎない。この酸味の香り、コクなどの味わいが果実らしさの演出を補佐している)

飲み易さ 10 (粒々感は粗めに砕かれてあり、液と米粒のバランスは良く飲み易い。香りと味の感じも良く合わせて飲み易さに貢献している)

 

商品情報

甘酒メーカー

製造:丸石醸造株式会社

愛知県岡崎市中町6-3-3

URL:http://www.014.co.jp/

※URLを見てなぜ数字?と思いましたが、まるいし=014なのに気が付きました。甘酒レビューをここまで書き続けて初めて拝見しました。

 

量と価格

500g 税抜 704円(1.41円/g)

※ml表記をgに変えています。

 

原材料

米こうじ

 

栄養成分表示

記載無し


コメントを残す