【保存版】長崎県の美味しい甘酒3選~甘酒探求家セレクション~

九州地方の西端部にある長崎県では、200レビュー中、6品の銘柄(全体の3.0%)の甘酒を発見しました。その中でも特に美味しかった甘酒が3点ありました。今回は、200種類以上の甘酒を飲み、23年間甘酒を造り続けている甘酒探求家の僕が長崎県の美味しい甘酒3選を紹介いたします。

※2017年12月選定

おすすめ3選(全6品中)

1.酢屋『川添酢造』の米麹甘酒『甘酒』

長崎県の南部に位置する西海市にあるお酢屋『川添酢造』の米麹甘酒です。

この甘酒は、麹の香りが強く、柔らかい感じと、強いコクのある甘さ、雑味のない旨味が非常に美味しい一品です!

※2017年11月放送の『ワケあり!レッドゾーン』でご紹介致しました。

2.酒造『福田酒造』の全麹仕込みの米麹甘酒『福鶴蔵元造りあま酒』

長崎県の北部に位置する平戸島にある酒蔵『福田酒造』の米麹だけで造られた米麹甘酒です。

この甘酒は、甘く優しい麹の香り、ストレートでコクのある甘味、そして雑味のない旨味が特徴的で、初めて甘酒を飲む方でも、飲みなれている方でも美味しく飲める一品です!

3.味噌屋『咲吉』の米麹甘酒『生あまざけ大村桜』

長崎県の中部に位置する大村市にある味噌屋『咲吉』の米麹の甘酒です。

この商品は生甘酒とあるように強い殺菌を掛けておらず、賞味期限が非常に短いです。しかし、その香りは非常に麹の香りが立ち、味わいも風味が損なわれておらず、甘さと旨味も抜群で美味しい一品です!

まとめ

長崎県は今夏滞在し、その時に沢山の甘酒を11~12品ほど発見しました。その中で地元の商品は6品(200品中の3.0%)と多くはありませんでした。しかし!その中でも紹介したいほど美味しいものが3品ありましたのでご紹介致しました。

それぞれ、川添酢造(米と米麹の甘酒)、福田酒造(米麹だけの甘酒)、咲吉(強い殺菌をしていない米と米麹の甘酒)と原材料配分や工程が違う商品です。

もし、見つけたらいずれも非常に美味しい商品なので是非飲んでみてください!