甘酒の基礎4:甘酒の五大栄養素

 甘酒は通称『飲む点滴』とも言われており、現在、その栄養価や機能性が注目されています。今回は、そんな甘酒の魅力を、栄養という観点から話をしていこうと思います。

甘酒を栄養学的に見てみると

栄養学的には、人間の体にとっての構成素材、エネルギー源と必要不可欠な補助因子などが五大栄養素として定義されています。

そして必要不可欠ではないけれど、何かしら人にとっていい働きをしている成分を機能性物質と言い、最近では食物繊維もその一つとされています。

食べ物(栄養学)の基本は、前者の五大栄養素から成り立っており、市販品の栄養成分表示の項目に大体、炭水化物、タンパク質、脂質が記載されており、たまにビタミン類、ミネラルまで詳細に書かれている場合があります。

 

甘酒とお米の栄養価の違い

甘酒とお米の一般成分の違い

ここで、甘酒とお米の栄養価の違いに迫っていきます。

御飯(お粥)と甘酒の栄養成分の比較お米と甘酒の水分量を統一すると先程挙げた『食品を基本とする成分』でいう所の固形分(一般成分)の比較ができます。
お米も甘酒も炭水化物を主体とする食品ですが、両者を比べるとその量に大きな差は見られず、さらにカロリーもほぼ同じです。

では?甘酒はなぜ、あんなに甘くて美味しいのでしょうか?

それは、甘酒は発酵の過程で、炭水化物、たんぱく質、脂質が麹菌の酵素によって消化分解され、サイズが小さくなっています。つまり、澱粉やタンパク質が、糖やアミノ酸に変わってるため、甘く美味しく感じるのです。

さらに甘酒はすでに消化されているので、食べた時に消化する必要がなく、腸管から吸収されやすいというメリットがあります。

 

甘酒に多いビタミンB群に着目すると

さらに、お米を麹菌で麹にした際に、造られるビタミンB群が優れものです。

ビタミンB群は主に、炭水化物、タンパク質、脂質を細胞内でエネルギーに変換したり、体を構築する為の材料とするの働きの補助をします。

その様なビタミンB群がお米に比べて3~4倍、造血作用や胎児の先天異常予防の働きをする葉酸に至っては14倍にもなっています!

エネルギー代謝補助は食べ物から接種した栄養素を体を動かすためのエネルギーに変換するのを助け、アミノ酸代謝は体の材料を供給を助けたりします。

甘酒の良い所は、エネルギー源や体の材料である栄養素が分解されていて吸収されやすい事と、それらを効率よく利用するのを補助するビタミンB群が多い事に起因していると言えるでしょう。

最後に

飲む点滴とは良く言ったものです!熱中症や夏バテ予防の為に、江戸時代の夏に飲まれていたのも頷けます。

今回は、基本的な栄養素『五大栄養素』の話に終始致し、『機能性物質』の話はしませんでした。

次回は、『機能性物質』に着目した話をしていこうと考えています。