甘酒喫茶レビュー1:人形町の甘酒横丁にある豆腐の双葉の甘酒

今回ご紹介するのは1907年(明治40年)創業の東京都にある豆腐屋『とうふの双葉』です。

商品情報及びレビュー

注文した甘酒

・甘酒(冷)200円(約150mlほど)

味は薄め、米麹は荒漉しで粒々の食感が楽しめる、麹の風味は薄っすらと柔らかくしている商品。風味付けに若干酒粕が入っている気がします。夏場に頂いたので若干塩味が加わっている。一般の方が飲みやすい濃さに調整している感じがする。

10段階評価で6です。

注文した甘酒以外の商品

・甘酒ソフトクリーム300円

甘酒ソフトクリームと言われなければ、甘酒入りとは気がつかないかもしれない。ただ、乳製品や豆乳と割ると甘酒の甘味、旨味を相乗的に高める効果があるようで、コクと旨味が増す。普通に美味しい!ただ甘酒らしさをもう少し前面に欲しい。

普通のアイスクリームとしてはとても美味しい!甘酒アイスと名打っているので、それを考慮すると10段階評価で8です。

・濃い豆乳(小)200円

通常飲む豆乳より濃いのかなと想像しておりましたが、これはもうほぼ、ざるどうふ、絹漉しどうふです。傾けるとゆっくり口の中にドュルンっと流れ込む様と味や風味は、濃い豆乳という商品名ではなく『飲む豆腐』にした方が受けるのではないかと思いました。勝手に命名!飲む豆腐!!

口についた豆乳が湯葉豆腐の様にくっ付きます( ゚Д゚)

豆乳と考えるには濃過ぎるので、豆腐の旨さを基準に考えるなら10段階評価で8だと思いました。

気になる商品

豆腐はもちろん(美味しそう、バリエーション多数、特に竹の容器に入ったプレーンと胡麻豆腐)、とうふの唐揚げ、ジャンボがんも(一個から売ってくれるとチョイ食べしたい時に嬉しい)、豆乳ドーナツを次回は頂きたい。

店舗情報及びレビュー

店舗情報(住所)

中央区日本橋人形町2-4-9人形町双葉ビル

URL:http://www.tofunofutaba.com/index.html

店舗レビュー

人形町の一画に、昔からあるお豆腐屋さん。お豆腐製品のバリエーションがすごく豊富で、豆乳とか飲んでみたかったが、再来店でついに購入!もはや飲む豆腐と言うにふさわしい商品です。

京菓子司 彦九郎』と同じく、中で食べるスペースはないが、歩道沿いにイートインスペースとして長椅子が設けてある。

※ここのお店は3回通ってレビューの作成・直しをしております!甘酒ソフトクリームが美味しいです!次は豆乳ソフトクリームを頂きたい。


コメントを残す